【スタッフインタビュー】プロ意識の高い同僚から刺激をもらっています!

こんにちは、坂根工務店の林です。

本日のスタッフインタビューは、工事部次長の工藤博隆です。

 

工藤 博隆(くどう ひろたか)

一級建築施工管理技士/二級建築士

 

舞鶴市出身、趣味はテニス。

 

-担当業務について教えてください。

現場管理を担当しています。

 

-この仕事についたきっかけは?

中学生の頃、自宅の改修を少し手伝ったことがあり、それをきっかけに建築に興味を持つようになりました。

 

-この仕事の面白いところ、大変なところは?

間取りも外観も、お客さまごとにすべて違います。同じ建物はひとつとしてありません。そこが、面白い。

大変なのは、工種にもよりますが、季節や天候に工程・品質が左右されるところです。

 

-仕事をする上で気を付けていることは?

ただ見た目がよいだけでなく、少しでも長く住んでいただけるような建物を建てられるよう、つねに勉強し、真剣に取り組んでいます。

 

-この仕事にやりがいを感じるときは?

竣工時、お客さまから喜びの声や最高の笑顔をいただいたときです。

 

-坂根工務店はどんな会社だと思いますか?

社員それぞれ、建築のプロとしての高い意識を持っている会社です。仕事仲間から、いつも刺激をもらっています。

 

-それでは、坂根工務店の家はどんな家?

外観や間取り・動線、細かい部分の使い勝手など、『お客さまの立場に立って』提案し、建てる家です。

 

-工藤さんから見た社長はどんな人ですか?

笑顔の素敵な方です。

 

-工藤さんの今後の目標は?

この仕事をとおして、少しでも多くの方々の役に立っていきたいです。

 

-これから家づくりをスタートする方へ、なにかアドバイスを。

いろいろな不安をお持ちだと思います。

その不安をひとつでも解消できるよう、私たち坂根工務店がお手伝いいたします。

家づくりの時間を、私たちと一緒に楽しみましょう。