Q&A「外壁材、なにがおすすめですか?」

こんにちは、坂根工務店の堂本です。

 

坂根工務店には標準仕様がありませんし、とくにおすすめの外壁というのもありません。
お客さまのお好みに応じてチョイスしていきます。

 

最近では金属系サイディングが多いですね。

 

基本ベースとなるのは窯業系サイディング。
比較的予算に合わせやすいというのが理由です。

最近は品質の高い窯業系サイディングも増えてきましたが、継ぎ目をコーキングで処理する必要があるため、10年程度の短い周期でメンテナンスが必要になってきます。

そのように考えると、塗り壁や吹き付けの方が初期コストは高いものの、メンテナンスの周期が長い分、費用対効果が高いといえるのかもしれません。

 

そもそも外壁とは“雨風をしのぐためのもの”というのが、根本的な考え方。

建物を守り、長く維持していくために必要な屋根と外壁には、ある程度の投資をしてもよいのではないでしょうか。

 

大手ハウスメーカーでは外壁に長期保証の付いたものがあり、当社へお越しになったお客さまからも、外壁の長期保証について質問されることがあります。

30年保証のサイディングを採用したことはありますが、長期保証は免責事項がかなり細かく設定されています。そのため、実際何かあったときに納得のできる保証を受けられるかどうかは、判断の難しいところ。

その辺りをご納得いただいたうえで、お施主さまがご希望されるのであれば、長期保証付きの外壁を採用することは可能です。

 

家の雰囲気によっては、板張りの外壁をご提案することも。

腐食を気にされる方もいますが、板の表面は意外と強いので、簡単に腐ることはありません。

ウッドデッキは床板よりも地面に近い骨組みから先に腐っていきますが、外壁の板は地面からも離れていますし、水切りから少し浮かせて施工するため、小口から水を吸うこともありません。

だから、意外と腐りにくいのです。

杉板の表面を焼いて炭化させた焼杉なら耐久性も高く、さらに長持ちしますよ。

 

もちろん、軒をしっかりと出して、外壁に少しでも雨がかかりにくくなるような配慮は、設計としての基本です。

 

余談ですが、当社の設計士で「好きな外壁材はなにか」と話し合ってみたところ、全員一致で塗り壁でした。

費用対効果が高く、趣もある塗り壁。やっぱりいいですね。