Q&A「平屋のメリット・デメリットを教えてください」(2)

こんにちは、坂根工務店の堂本です。

 

前回に引き続き、本日は平屋のデメリットについて説明していきます。

Q&A「平屋のメリット・デメリットを教えてください」(1)

 

『建築コストが高い』

平屋は2階建てに比べて基礎や屋根の面積が大きくなるため、工事費(坪単価)が割高になります。

2階建てと同じ予算で平屋を建てるには、できるだけムダを省いでコンパクトに計画する必要があるでしょう。

 

『広い土地が必要』

平屋は建坪が大きいのに加え、隣家との距離や日当たり・風通しを考慮すると、広めの土地が必要です。狭小地では難しい場合があります。

これから土地を購入される場合は、土地代が高くなりすぎないよう、しっかりと資金計画を行うようにしてください。

 

『周辺環境に影響される』

平屋は高さがないため、隣家との距離によっては日当たりや風通しが悪くなります。建物の形状や間取りによっては、隣家から家の中が丸見えになってしまうことも考えられます。

 

設計段階での配慮は可能ですが、隣地が空き地の場合はあとからどんな建物が建つかわからないため、平屋は避けた方がよいでしょう。

 

このほか、平屋は自由度が高い反面、限られた予算で必要な部屋数をどうとるか、収納スペースをいかに増やすかという、設計上のテクニックが必要となります。

家族の距離が近い分、家族間でのプライバシー確保や音漏れなどの配慮も必要になるでしょうし、防犯上・防災上(洪水時など)も不安が残ります。

 

 

しかし、どのように設計するかによって、ある程度のデメリットは解消していくことが可能です。

どうしても平屋が難しい場合には、寝室だけ、あるいは子供部屋だけを2階にする一部2階という選択肢もありますよ。

 

平屋の家に興味のある方は、ぜひ坂根工務店へご相談ください。

お問い合わせはこちらから。

https://sakane.co.jp/contact