Q&A「平屋のメリット・デメリットを教えてください」(1)

こんにちは、坂根工務店の堂本です。

 

近年、住宅において効率的な間取りや動線が重視される傾向にあり、日本でも欧米のようなワンフロアでの生活様式が主流となりつつあります。

そんな中、平屋の家が改めて注目を集めています。

今回は平屋の家をご検討中の方のために、平屋のメリット・デメリットについて説明していきます。

 

メリットとしては、先に挙げた効率的な間取り・動線が、まずひとつ。
家事効率がアップし、部屋間の移動も楽になります。

次に、2階建てに比べて家族の距離が近くなるため、コミュニケーションをとりやすいというメリット。家中どこにいても気配を感じられるため、小さなお子さまや高齢者のいるご家庭でも安心ですね。

家族の距離だけでなく、外部(庭)との距離が近くなるのも魅力のひとつです。

 

また、平屋は構造がシンプルなので計画する上での自由度が高く、広さ・奥行きのある空間をつくりやすかったり、天井を高くとりやすかったりと、開放感のある空間をつくりやすいという利点もあります。

風が通りやすいので、よほど複雑な間取りや密集地でない限り、短時間で建物全体に外気を循環させることも可能。

バリアフリーに対応しやすい、構造的に安定しやすいというのも平屋の特徴といえるでしょう。

 

長期的にみると、一般的な2階建てよりも冷暖房効率がよいため光熱費を削減できる、足場が不要なのでメンテナンスしやすい(=維持管理コストが下がる)といったメリットも。

 

このようにさまざまなメリットのある平屋の家ですが、大切なのはメリットだけでなくデメリットも知った上で選択すること。

次回は引き続き、平屋のデメリットについてお伝えいたします。