【現場リポート】戸建ての外構とマンション建築

こんにちは、坂根工務店の工事部長・高橋です。

 

本日は【現場リポート】です。

冬、真っ只中。坂根工務店の2月の作業現場をご覧ください。^^

 

〇2月25日(木)

まずは、I様邸の外構工事の様子から。

I様邸の敷地は、駐車場部分と庭部分に少し高低差がありました。

そこで、庭の土が低くなっている駐車場の方へ流れることのないよう、土留めを設置。鉄筋を組んだ型枠の中に、コンクリートを流し込んで擁壁をつくります。

写真はコンクリート打設の様子。
隅々までコンクリートが行き渡るよう、バイブレーターで振動を与えながら、打設していきます。

そして、同じ日の舞鶴市浜町。
こちらの現場では、鉄筋コンクリート造3階建てのマンションを建築中。

この日は坂根工務店の専属大工が、マンション内部の間仕切り壁と天井下地の設置工事を行っていました。

 

水平・垂直・高さなどの確認をとりながら、作業を進めていきます。

小さな三脚の上に乗っているのが、レーザー墨出し機。
レーザーの光で、垂直・水平のラインを簡単、かつ正確に出すことができます。

赤いレーザー光線、見えますか?

ちなみに、大工さんの足元を這う管は給水管。青い管は給水用、赤い管が給湯用です。

 

最後の写真は、電気屋さんが電気の配線を仕込んでいるところ。
間仕切り壁と天井ができる前に、仕上げなくてはなりません。

木造の個人住宅と、鉄筋コンクリートのマンション。

規模や構造を問わずどんな建物でも対応できるのが、坂根工務店です。