【スタッフインタビュー】復職後は、まるで浦島太郎でした…

こんにちは、坂根工務店の林です。

本日ご紹介するのは企画設計部の女性設計士、塩見恭子です。

 

塩見 恭子(しおみ きょうこ)

一級建築士

舞鶴市出身。

小さな頃から続けている裏千家の茶道がライフワーク。茶道検定1級にチャレンジ中です。

先日は、初めて和菓子を作ったのだとか。美味しくできかな?

-担当業務について教えてください。

設計業務を担当しています。

家づくりの流れを知っていただくためのセミナーを開催し、そこで坂根工務店の家づくりについてお話させていただくこともあります。

 

-この仕事についたきっかけは?

大学で建築を勉強し、卒業してしばらくは京都でお茶室の設計をしていました。そこで、伝統建築や数寄屋建築の素晴らしさを知りました。

その後、実家のある舞鶴に戻って坂根工務店にご縁をいただき、住宅の設計を一から学びました。

 

-この仕事の面白いところは?

お客さまのご希望をうかがい、それをカタチにしてゆくこと。とても楽しいです。

 

-仕事をする上で気を付けていることは?

家には、ご家族の命を守る役目があります。遠い先にあるかもしれない災害のことを、常に考えておかなくてはならないと思っています。

 

-仕事をする中で印象に残った出来事は?

子育てでしばらく仕事を離れていたのですが、その間に世の中がすごいスピードで変化しており、復職したときは浦島太郎のような気分でした…。

 

-坂根工務店はどんな会社だと思いますか?

とてもプロ意識の高い会社です。

それでいて、誰にでも気軽に意見を求めたり、思いを共有できたり、とても雰囲気のよい会社だと思います。

-それでは、坂根工務店の家はどんな家?

「お客さまに喜んでもらいたい!」という思いにあふれた家です。

当社で家を建ててくださったお客さまにも、きっとその思いは伝わっていると思います。

 

-塩見さんから見た社長はどんな人ですか?

穏やかで優しい方です。気配りが行き届いておられ、とても尊敬できる方です。

本当です。

 

-塩見さんの今後の目標は?

主婦・子育て・同居・介護と、いろいろな経験を積みました。

この経験を生かし、お客さまの思いに寄り添える設計者になりたいと思っています。

-これから家づくりをスタートする方へ、なにかアドバイスを。

坂根工務店では、完成見学会やセミナーを随時開催しています。参考になることもあると思いますので、お気軽に見にいらしてください。

一生に一度の家づくりです。思いきり楽しんでくださいね。