ここを見てほしい!完成見学会でのチェックポイント

こんにちは、坂根工務店の坂根広泰です。

 

当社では年に数回、お客さまのご厚意により完成見学会を開催させていただいています。

同様に、他社さんでも完成見学会は実施されています。

等身大の家という意味では、モデルハウス見学よりも意味のある完成見学会ですが、本日は、そんな完成見学会でのチェックポイントをお伝えしたいと思います。

 

家づくりの基本となるのは、採光・通風です。

最近では全館空調で家の中の空気環境をコントロールする「窓を開けない家」も増えていますが、採光の重要性はいつの時代も変わりません。

 

完成見学会では、長い時間を過ごすLDKを中心に、各部屋どのようにして光を入れているか、意識して見てみるとよいでしょう。

日中でも電気をつけている場合には、電気を消した場合の日照の度合いをチェックしてみることも大切です。

自然の光をどのように採り入れているかで、その住宅会社の「パッシブ」や「プライバシー」に対する考え方がわかりますから、ぜひチェックしてみてください。

 

また、お施主様がどういった部分にこだわったか、どのようなことを要望されたのかを質問してみるのもよいでしょう。
さらに、その要望をどのように実現したのかも。

お客さまの気持ちをどれだけ汲んでいるか、どういう形で要望を実現しているかで、その住宅会社の対応力・提案力が判断できます。

 

もちろん、スタッフの対応やフィーリングも大切です。

建てたあとも、住宅会社とのお付き合いは続きます。
どこで建てるか、だれと建てるかということも考えながら、完成見学会へ足を運んでみることをおすすめします。