【施工事例】祖父の想い出とともに暮らす家

こんにちは、坂根工務店の林です。

 

本日ご紹介するのは2016年5月完成のしたアンバランスな外観が印象的なこのお住まい。

大阪の建築家、伊藤孝先生の設計によるASJのお家です。

 

30数年ぶりに地元舞鶴に帰ってこられた施主様が、ご夫婦ふたりで暮らすために新築されました。

 

施主様が最初に要望されたのは、眺望とプライバシーの確保。

中高層の建物が立ち並ぶ立地で、眺望はまず望めません。プライバシー面での不安も残ります。

そして、もう1つ依頼されたのは、

 

「敷地にある庭石と紅葉の木を、そのまま残してほしい」

 

ということ。

庭石は、お祖父様がわざわざ四国から取り寄せたもの。紅葉も、長年大切に手入れされてきたものなのだといいます。

 

そして完成したのが、「K」を形どった家。

 

紅葉の木が佇む「K」の切り込み部分を中心に建物を配することで、周囲からのプライバシーを守りつつ、家の中からのんびりと庭を眺めて過ごすことができます。

 

正面の格子戸を開けると、玄関から中庭へと続くアプローチ。
まるで、屋根付きの遊歩道のようなしっとりとした空間…。

室内は、京壁と無垢床の上質なしつらい。木をふんだんに使った内装と薪ストーブの炎に、心がホッと癒されます。

ペニンシュラ型のキッチンは、以前のご自宅で使っておられたのと同じTOYOキッチンの製品。

お料理好きな奥様、こだわりのガスコンロ。造作の背面収納とパントリーで見た目もすっきり。生活感を隠すため、冷蔵庫もあえてパントリーの中へ収納しました。

コンロ横の壁にはベネツィアガラスのモザイクタイルを貼って、ちょっとモダンな雰囲気に。

 

LDKは吹き抜けのあるリビング階段で、2階と一体感を出しました。

階段を上がると、セカンドリビングや書斎としても活用できるフリースペース。掃き出し窓からは、車庫上のルーフバルコニーに出ることができます。

 

寝室の壁にある木の扉を開けると、目の前にLDKの吹き抜け天井。閉めれば個室に、開ければリビングとひと続きの空間に。

 

趣味を楽しみ、暮らしを楽しむための、お二人のこだわりがつまったお家。

四季の移ろいを眺めながら、これからもご夫婦仲良くお過ごしください。

ありがとうございました。