軒や庇の役割をご存じですか?

こんにちは、坂根工務店の坂根広泰です。

 

日本家屋の特徴の1つである、「軒」や「庇」。

デザイン的なもの、雨よけのためと思っている方も多いかもしれませんが、それだけではありません。軒や庇には快適な住環境を維持する上で欠かせない、大切な役割があるのです。

 

 

もっとも重要な役割が、日差しの調整です。

太陽高度の高い夏には、軒や庇の出が直射日光を遮断して、室内の温度が日射によって上昇するのを防いでくれます。

冬になると太陽高度はぐっと低くなりますから、軒や庇に遮られることなく、日差しをふんだんに室内へ取り込むことができます。

日本では古くから、このようにして季節を感じ、自然とともに暮らしてきたのです。

 

また、軒には建物の劣化を遅らせる効果もあります。

軒があることで屋根と外壁の取り合い部分から雨が侵入しにくくなり、雨漏りしにくくなるのが1つ。

サイディングの継ぎ目やサッシまわりを埋めるシーリング材は、雨や直射日光にさらされることで劣化するため、軒や庇が日除け・雨よけとなることで、部分的にシーリング材の劣化を遅らせることができるのも、その1つです。

 

つまり、軒のない家は、軒のある家に比べて雨漏りのリスクが大きいということ。

そのため、軒のないシンプルなデザインの家を建てる際には、雨仕舞いや外壁材の選択が重要になります。

 

 

坂根工務店ではデザインを問わず、意匠性にも耐久性にも優れた家をつくっていきたいと思います。