寒い冬を快適に過ごすための家づくり

こんにちは、坂根工務店の塩見恭子です。

 

建材や設備の性能向上、施工技術の向上により、最近の戸建て住宅は昭和の建物に比べると格段に暖かくなりました。

エアコン1台で十分快適に過ごすことができるので、石油ストーブやファンヒーターを併用する必要もありません。

 

そうはいっても舞鶴の冬はやっぱり寒いですから、底冷えが気になるというお客さまには床暖房をおすすめしています。

床暖房なら、ただ足元が暖かいだけでなく輻射熱で部屋全体をムラなく暖めてくれます。まるで、陽だまりのような暖かさ。

床暖房には、温水で温めるタイプと電気で暖めるタイプの2種類があることをご存じですか?

温水式の場合は、ガス・電気・灯油と熱源も自由にお選びいただけます。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、イニシャルコストとランニングコスト、お客さまのライフスタイルも踏まえ、ご相談の上で温水にするか、電気にするか、熱源はどうするかを決定します。

たとえば、キッチンの足元にだけ床暖房を入れる場合は、電気式を採用することが多いです。立ち上がりが早いので、電気カーペット感覚で手軽にON・OFFできるんです。

オール電化のお住まいなら電気を熱源としたヒートポンプ式温水床暖房をおすすめしますし、床暖房を設置するのを機にオール電化にされるお客さまもいらっしゃいます。

早朝のまだ電気料金が安い時間帯にスイッチが入るよう、タイマー設定しておくと電気代を節約できますよ。

 

床暖房以外では、薪ストーブの設置を希望されるお客さまもいらっしゃいます。

 

舞鶴市内にも乾燥薪の販売店はありますから、薪の準備自体はそこまで大変ではないかもしれません。それでも、火を起こしたり、火加減を調整したり、煙突の掃除をしたりという手間はかかりますから、それも含めて薪ストーブを楽しめるかどうか、お考えいただきます。

煙の臭いや煤(すす)も出ますから、ご近所に冬でも洗濯物を外干ししている、頻繁に窓を開けて換気しているというお宅がある場合は、配慮が必要ですね。

 

寒い冬を快適に過ごすための家づくりは、坂根工務店にご相談ください。

https://sakane.co.jp/contact