【社長インタビュー】「感動できる家」を創っていきたい

こんにちは、坂根工務店の杉本です。

第1回スタッフインタビューとして、本日は当社代表取締役の坂根功一を紹介したいと思います!

坂根 功一(さかね こういち)

代表取締役/一級建築士/タイガース検定/茶道文化検定

 

舞鶴市出身。趣味は音楽・映画鑑賞、スポーツ観戦、最近飼い始めた犬と遊ぶこと。

坂根工務店6代目でなければ、海上自衛官になっていたかも…?

 

-代表取締役に就任する前は、どのような業務に携わっていましたか?

建築の現場監督をしていました。

 

-坂根工務店の一番の強みはなんだと思いますか?

これまでお世話になった、多くのお客さまと真面目な社員。長年にわたり積み重ねてきた、信用と実績です。

 

-坂根工務店の社長として、社員に対してよくいう言葉は?

自分の感動なくして、お客さまの感動なし。「NO」と言わない。

すべてのお客さまに感動してもらいたい。「できない」ではなく、できる方法を模索する。

今ではこの考えが会社全体に浸透し、社員全員が同じ方向を見て仕事をできるようになりました。

 

-社長にとって「家づくり」とは?

家は、お客さまにとって人生最大の買い物です。絶対に後悔させるわけにはいきません。

「十人十家」。それぞれの夢やご要望を1つでも多く実現し、お引き渡しの際に感動していただけるような家を建てていきたいです。

 

それと同時に、創り手である私たちにとっても『自分の作品』として誇れるような建物を創り、残していきたいと思っています。

-今後、坂根工務店をどんな会社にしていきたいですか?

当社で家を建てたお客さまが、お知り合いやご友人に安心して紹介していただけるような、信頼性の高い会社にしていきたいです。

 

-これから家づくりを始める方へ、一言お願いいたします。

家は「買う」ものではありません。「創る」ものです。

世界に1つしかないあなたの家を、一緒に創り上げていきましょう。

今年は新型コロナウイルスの流行で、大変な年となりました。

皆さまも、例年に比べて家で過ごされる時間が大幅に増えたのではないでしょうか?今が、マイホームのことをじっくりと考えてみるチャンスなのかもしれませんね。

コロナ禍の1日も早い収束と、皆さまのご健康・ご安全を心よりお祈り申し上げます。

どうぞ、よい年をお迎えください。

 

代表取締役 坂根功一