【現場リポート】熟練の技が光る建て方工事

こんにちは、坂根工務店の広泰です。

 

本日は【現場リポート】と称し、技術者の現場での様子をお見せしたいと思います!

少々タイムラグがありますが、ご容赦ください。^^

 

〇9月29日(火)・30日(水)

I様邸、建て方工事。

坂根工務店の棟梁の仕切りのもと、大勢の大工と手伝いとともに一気に組み上げていきます。

ご覧ください、このクレーンの迫力!現場がもっとも活気づく瞬間ですね。

 

 

熟練の技と、職人・技術者の連携による施工精度の高さは、どこにも負けないと自負しています。もちろん、安全への配慮も欠かしませんよ。

 

〇10月9日(金)

この日はTOTO福知山営業所より、ミニショールームカーが来社くださいました。

トラックの荷台に載っているのは、TOTOの便器「ネオレスト」と「ネオレスト NX」。

現物を見ながら、デザインや特徴、機能に関する説明を受けます。

 

 

真剣に聞き入る社員たち。

TOTOでは、水道水を電気分解して「次亜塩素酸水」を作り出し、機器本体を洗浄しているんですよ。

 

〇10月23日(金)

建て方工事を終えた、I様邸。

今年の春に入社したばかりの18歳の若い大工見習いが、棟梁の指導のもと筋違いや窓台・まぐさを現場で加工中。

 

筋違いは、壁を補強するために柱と柱の間に斜めに入れる構造材。まぐさと窓台は、サッシを取り付けるために開口部の上下に渡す横材のことをいいます。

 

〇10月26日(月)

間もなくお引き渡しの、D様邸。この日は社内検査が行われました。

坂根工務店では社長や専務も含め、出席できる限りの技術者が集まって、新築物件を隅々まで検査します。

 

引渡しまでに最終的な調整を行い、お施主様の検査を経て、お引渡しとなります。

この時、よいと思った納まりや、「もっとこうした方がよかった」箇所など、検査に立ち会ったみんなで意見を出し合い、次の物件に活かしていくのが、坂根工務店の社内検査です。