十人十家~家づくりへの想い~

 

こんにちは、坂根工務店の堂本です。

 

家づくりとは、ただ雨風をしのぐための「箱」をつくることではありません。

住む人の感性、日々の暮らし、自然や街並みとの調和。

このような、さまざまな要素が絡み合うことで、木でつくられた「箱」は「住まい」へと姿を変えます。

住宅業界においても合理化は1つの課題であり、コストやプロセスのムダを省くための「家」の規格化が進んでいます。

しかし、好きなものを選べない、自分に合ったものが選べない。これを、本当に合理的と言えるのでしょうか?

 

人それぞれ、趣味嗜好やライフスタイルが違うように、本来であれば、家も一軒一軒が違うものであるはずです。

自分たち家族の暮らしにぴったりと合う家。それこそが、本当に合理的な家と言えるのではないでしょうか。

私たちが「完全自由設計」にこだわる根底には、このような考えがあるのです。

 

お客さまと話をする中で、好きなモノ、好きなコトを知り、時にはご本人さえ知らずにいた感性を引き出す。これも、私たちの大切な仕事です。

 

あなたは何を思い、何を求めるのか。

どのように暮らし、どのように変化していくのか。

十のご家族がいれば、十の想いと暮らしがあります。

想い描いた夢をカタチにする、確かなご提案。

大切なご家族を守るための、確かな造り。

あなたの感性をカタチにした、個性豊かな住まい。

それが、私どもが思う家づくり。『十人十家』(じゅうにんじゅっけ)の家づくりです。