長年住み慣れた住まいのリフォーム【リフォーム】

 住宅トップ > リフォーム施工事例 >大切なモノを残す

趣を残しより快適な生活のためのリフォーム


竣工:2015年6月

ご家族構成:ご夫婦




大きな平屋(一部2階・小屋裏有り)のお宅です。

田の字型の間取り トイレは靴に履き替えての利用でした。


良い物は残して リフォーム

ご両親と長年生活の基盤となってきたお住まい。

お施主様も 年齢を重ねられ 快適に楽しく生活を・・・が目的のリフォーム。

しかし、快適性や利便性だけではなく 良い物は残す事も考えました。

床の間のある 続き間等は残し 内部建具等も使用されているものを出来るだけ残しました。

瓦葺き替えには 鹿の子(漆喰の白い部分)も再現し 元の印象を大切にしています。

 


施工風景


大きな小屋裏

物置になっていた、大きな小屋裏はお孫さんが雨の日でも走り回れるようにと、多目的に使えるように整備しました。

何年も何十年も使用されなかった小屋裏 どんな風に使われるのでしょうか?