至高の邸宅

 住宅トップ > 新施工事例  都会派 > 至高の邸宅

小浜の家 by Tanijiri


竣工:2009年8月

ご家族構成:ご夫婦+お子様(2人)

お客様からのご要望

「どうしても谷尻先生にお願いしたい」。

建築家の谷尻先生の建物を見て「これだ!」と決められた施主様。谷尻誠設計の邸宅が、こちらのお宅です。

斬新な構造

谷尻先生の最大の特長は、「斬新な構造」。まるで、トレーラー(長方形)を支柱で持ち上げたような構造の中に、和室、リビング・ダイニング、子ども部屋、寝室などが一列に並ぶ間取りです。

建物外壁には窓を付けず、陽ざしはすべて中庭から取り入れる設計。長方形の中に中庭を2つ造り、そこから陽ざしを取り入れています。加えて、その中庭が外との接点をも確保する発想です。

もうひとつの特長は、生活感をまったく感じさせない室内の設計。まるで高級ホテルのような仕上りになっています

室内は、青空と隣り合わせ

外観からは想像できないほど、室内には青空や陽ざしが身近にあります。大胆に中庭2つも造られていることで、どの部屋に居ても青空が近くにある間取りです。

天井と床に木を使ったことで、身近にある青空と相まってとても自然を感じられる室内にもなっています。

一列に並んだ間取り

生活スペースは、すべて一列に並んだ配置。和室、玄関から上がる階段、リビング・ダイニング、中庭、子ども部屋、中庭、寝室、という順。