快適な住まいとは?

住まいのアイデア > 快適な住まいとは?


気密性・断熱性とは?

気密・断熱は?

気密性とは、家の中の空気を外に逃がさないように窓や壁の隙間を無くすこと。寒い冬には、暖かくした室内の空気を外に逃がさない。

断熱とは、外の温度が室内に伝わりにくくするために、断熱材などで家を覆うこと。寒い冬には、外の寒さが家の中に伝わらない。

夏涼しくて、冬暖かいお家実現するには、気密性と断熱性は必須です。

当社はこう考えます。

当社は「自然と調和した暮らし」を大切にしています気密性と断熱性を確保した上で、太陽と自然の風を素直に取り入れた設計を行います

例えばLDK」。

の中心になるLDKは、陽当りのいい南側に配置するのが一般的です。そして、大きな窓を設け、たくさんの陽ざしが降り注ぐ、ぽかぽか暖かいLDKにします。

そし屋根軒(のき)を深くしておきます(下図)。すると、太陽の高い夏は直射日光が部屋に入るのを防いでくれます。一方、冬の太陽は部屋の奥まで降り注ぎ、暖かい室内にしてくれます

自然を活かした工夫です。

また、「爽やかな風」も工夫の対象です。

当社は、土地の風向きの特長を調査します。一番爽やかな風が吹く方向を見つけて、その風が家の中を通り抜けるように窓を設置します。すると、暑い夏でも爽やかな風が通り抜ける快適な住まいが実現します。

これが、当社が考える「快適な住まい」です。自然と調和しながら、心と身体に優しい環境を実現しています

自然と調和した住まい

下の写真(3枚)は、太陽と自然の風を活かしたお家です。

敷地は南東角地。LDKを陽当たりの良い南東の角に持って来て、1日中陽ざしが降り注ぐLDKにしました。軒(のき)を深くしたので、夏の太陽は防いでくれます吹き抜けの東側に設けた丸い窓からは朝が降り注ぎ、朝食のテーブルを包んでくれます。西側に窓を設けたので、爽やかな風がリビングから西側に通り抜けてくれます。

自然の力を活かしながら、夏涼しく、冬暖かいお家になっています。

大きな窓と陽ざしと自然の風

プライベートを確保できれば、大きな窓は陽の光りや自然の風を取り込むために活躍してくれます。爽やかな風吹く方角が見つかれば、それにあわせて窓を配置します。

が通り抜けるので、部屋の中はいつも新鮮な空気で満たされています。天井にはシーリング・ファンを付け、新鮮な空気を循環させます。木をふんだんに使った室内にすれば、本当に居心地の良い空間になります。

下の写真(3枚)は、そんな“大きな窓と高い吹き抜け天井”のあるお家です。