子ども達の好奇心を育む

住まいのアイデア > 子ども達の好奇心を育む


子ども達は好奇心のかたまり

ママ~、どうしてお月様は毎日カタチが変わるの?

 

子ども達が、質問してきます。頭に浮かんだ疑問を、素直に質問します。

子ども達は、好奇心のかたまりです。そして、好奇心は子ども達が成長するための原動力。疑問が生まれて、それを解決したら、また新たな疑問が湧いてくる。子ども達の生きる力です。そんな子ども達の好奇心を育んであげたいですよね。

好奇心を育む工夫

多くの時間を過ごす家の中を少し工夫することで、子ども達の好奇心はどんどん育まれていく考えています。子ども達が、自ら考え、疑問を解いていく環境をってあげたいですよね

そんな工夫をご紹介します

本棚

すっかり定着しつつある本棚です。リビングやスタディー・スペースに本棚を設けるご家庭が増えました

こちらは、リビングから続く階段に本棚を設置したケース

中二階を造ることで、階段を短く、緩やかな傾斜にして、危険も防止しています

小さな頃から本に親しむ環境を整えてあげたいとお考えのパパ・ママが増えました。

また、本が身近にあることで、子ども達の好奇心もたくさん刺激されるようです。それに、親子の会話も豊かになるようです。

スタディー・カウンター

こちらも、一般的になりつつあるスタディー・カウンターです。

の写真は、階段を上がった2階の踊り場に設けたケース。吹き抜けで、1階リビングとつながっています。広いカウンターにして、親子で並んで仕事・勉強ができるようにしています。いい光景ですよね。

パパやママが仕事をしている姿を、子ども達が見るいい機会にもなると思います。“親の背中”は、大切ですからね。

テレビの横にキッズ・ライブラリー

こちらは、テレビの横に図鑑や百科事典、辞書などを置く小さなキッズ・ライブラリーを設置したケース(TVボードの向かって左端です)。

テレビを観ている子ども達が、「ママ~、○○って何?」と質問をする。ママが、「テレビの横に図鑑があるでしょ。調べてみたら!」と促す。「ママ、わかった!○○って、△△ってことなんだ!」

この「わかった!」がとても大切なのだそうです。学ぶことの面白さを、早い時期から体験するいい機会だそうです。

図鑑や百科事典、辞書。それに、絵本や地球儀などもいいみたいです。

リビング・カウンター

リビング・カウンターも設置されるご家庭が多くなりました。

学校から帰ってきた子ども達が、ここでさっと宿題を始める。子ども部屋だと一人で寂しいけど、ここだと近くにママがいる。なので、勉強を始めやすい。

小さな頃から勉強をする習慣を付けるには、とてもいい工夫だと思います。

また、ちょっと使い方を広げて、カウンターの一部をギャラリー・スペースとしても活用できます。子ども達の工作や絵、習字などを飾る場所として。

自分の作品を飾ってもらうのは、とても嬉しいはず。それに、これをきっかけに会話も広がると思います

キッズ・スペース&キッズ・クローク

最後にもうひとつおススメなのが、キッズ・スペース。

写真は、小さなキッズ・スペース。中二階のスタディー・スペースの後ろ側に造りました。パパが仕事をしている時間、子ども達もここで遊んでいます。

小さなスペースを造って、そこに玩具や絵本など子ども達の大切なものを持ってきます。必須なのは、子ども用の収納家具。

子ども達が、ここで思い思いの遊びをする。そして、大切なものは、自分達で管理をする。そんなスペースです。遊びを通して豊かな発想を。大切な玩具や絵本を管理することを通して、生活習慣を身に付けることができるといいですね。