伝統の「美」

住まいのアイデア> 伝統の「美」


数寄屋建築とは?

当社の建築技術の源流は、数寄屋建築です数寄屋建築は、安土桃山時代に茶室の建築様式として確立されたもので、侘び寂び(わびさび)の趣を大切にした日本の伝統美です。

その伝統美には受け継がれてきた比率」が存在します。例えば、和室の広さにあわせて、柱の太さや間隔、障子の高さや格子の太さまで、決まっています。この「比率を守った見え方こそが、日本の「美」の源になります。

日本の美を活かした建築

和の外観をご希望される施主様には、周囲の風景に溶け込む、品格ある外観ご提案しています。写真は、「和の外観」をご要望されたお客様のお宅。故郷の風景に映える佇まい。夜には、その美しさが一層引き立ちます。

洋のしつらえにも、和の美しさを

今の生活スタイルにあった「洋」の外観・内装をご希望される施主たくさんおられます

「洋」の外観・内装に、少しだけ和」を加え施主もいらっしゃいます。例えば、リビング横に「和室」を設けるいった具合に そこには、当社数寄屋建築伝統技術を活かしています。伝統の「比率」を再現、アレンジした和室は、上品で趣のある空間にっています。

左写真(2枚)は、洋の外観・内装のお宅。シックでモダンなリビング(左上)横に、和室(左下)を設けました。気品ある和室を追求しました。

右写真(2枚)も同じく、洋の外観・内装のお宅。木をたくさん使ったLDK(右上)の横に、和室(右下)を設けました。凛とした佇まいを追求しています。

和と洋の融合

温もりある木の構造は、「洋」の雰囲気にもぴったりです。

例えば、天井木組みを敢えて見せることで、自然の力強さとの趣を感じられる特別な空間仕立てます快適で、心地よい場所なります。

下の写真(2枚)は、どちらも天井の木組みを敢えて見せているリビングです。木組みが強いアクセントになっています。また、写真では伝わりづらいのですが、木組みが見える空間には木の温もりが漂います。「安心感」とも言うべき感覚です。ぜひ、木組みの雰囲気を体験して頂きたいと考えています。