こだわりのLDK

 住まいのアイデア> こだわりのLDK


家族が集まるLDKは、家の中心。一番長い時間を過ごすので、快適で居心地のいい空間がいいですよね。

「快適で居心地がいい」を実現するポイントには、開放感、広さ、風通し、陽当り、色合いやテイスト、家族をつなぐ工夫などがあります。

これまでに当社が施工した事例を参考に、「快適で居心地がいい」LDKのポイントをご紹介します。

開放感のあるLDK

広いLDKのあるお宅。吹き抜けの天井。全開放の掃き出し窓。縁側のようなウッドデッキ。吹き抜けでつながる2階。これらはすべて、開放感を演出してくれます。まるで、外の風景とつながっているようなLDKお天気のいい休日は、こんなLDKで過ごしてみたいですよね。

木に囲まれたLDK

無垢の木をふんだんにつかったLDKの事例です。木の香りに包まれたLDKになっています。無垢の木のフローリングの先には、大きめのウッドデッキが庭へとつながっていま

吹き抜にも木をたくさん使用。窓も障子で揃えました。木と一緒に暮らすLDKになっています。

陽当りと風通しのLDK

自然と調和したお家です。リビングを南東の角に。東西に爽やかな風が吹く土地なので、西側に窓を設けることで、家の中を風が通り抜けてくれます。吹き抜けの東側に設けた丸窓からは、朝陽が入ります。陽の光りと爽やかな風。そして、無垢の木の造作。自然と調和した豊かな暮らしを実感できるお家です。

眺望が楽しめる2階LDK

LDK2階に持ってきたお宅です。家の前(南側)が公園という絶好の立地。季節の移り変わりを楽しむために(そして、プライベートを保つために)、LDK2階に持ってきました。窓を大きくしたので、公園の景色がパノラマ写真のような眺望に。ベランダを設けることで、太陽と公園がより近くになります。

家族とのつながり

吹き抜けで2階とつながるお家です。大きな吹き抜けの天井が、2階とつながっています。リビング上の2階部分には、リビングを見下ろす感じでワーキング・カウンターを設置しました。これで、仕事をしているパパやママと、リビングで寛ぐ子ども達がつながります。安心の設計です。

パパの仕事は家族の誇り

個性的なLDKのお宅です。和室を囲む黒枠が存在感を示すリビング(写真左)。リビング部分の床はコンクリート。とても斬新な設計です。

その黒枠と、リビング横の黒い鉄製の階段(写真右)は、いずれも金属加工業を営むご主人の作品です。パパのお仕事が、家族が集うLDKを彩っています。パパの仕事は、家族の誇りです。

和室を中心にした回遊式

和室を中心にして、そこをぐるっと囲むようなLDK動線も同じように回遊式になっています。床は、コンクリートのたたき(床暖房あり)。木とコンクリートと畳のコントラストです。