こだわりのキッチン

住まいのアイデア > こだわりのキッチン


キッチンは、毎日使う場所。そして、家族の健康を担うところ。大切ですよね。同時に、便利で使いやすい方がいいですよね。そんなキッチンには、いろいろなタイプがあります対面、壁付け、アイランドペニンシュラ。また、LDKを一体化したり、LDと切り離すタイプ、LDと別部屋にするタイプ等々。そして、キッチンには(ダイニングやリビングとあわせて)それぞれのご家庭の暮らし方が反映されています。例えば、家族団らんの場所として生活感を大切にされるケース。一方で、生活感を出さず、ホテルのようなしつらえをご希望されるケースなど。

それぞれのキッチン・タイプには、それぞれの良さと、それを選ばれたご家族の想いがあります。当社がこれまでに施工した事例をご紹介しながら、機能性やご家族の想いをご紹介したいと思います

対面キッチン

下の写真は、キッチンとダイニング・テーブルを一直線につなげたタイプ。

高い腰板を付けることで、キッチンの手元が隠れています。背面は大きな収納になっていて、食器、調理器具、調理家電、それに冷蔵庫が引き戸の中に入っています。

テーブルが一直線につながることで、配膳や後片付けがすごく楽になります。また、お友達を呼んでホーム・パーティーをされる機会の多いご家庭の場合、このダイニング・テーブルが配膳カウンターとして活躍してくれます。

公園を一望できる絶好の立地なので、生活の中心になるLDK2階に持ってきたケースです。広いLDKにして、キッチンもその一部にすることで、毎日の生活の中に公園の景色を組み込んでいます。

壁付け・アイランド兼用タイプ

こちらもキッチンとダイニング・テーブルが一直線になったタイプです。配膳と片づけがしやすそうですよね。

こちらの特長は、シンクとコンロが別になっている点です(Ⅱ型と呼ばれます)。シンクはテーブルと同じ並び。コンロは、壁際にあります。分けることで、それぞれのカウンターを短くすることができます。豆知識としては、換気扇が壁に付いているタイプなので種類と価格が豊富になることです。

こちらのキッチン、背面のキッチンボード、ダイニングテーブルは奥様のご要望に沿ったオーダーメイドでした。

セミ・アイランド

開放感抜群のアイランド・キッチン。腰板がないフル・オープンのタイプです。ダイニング・テーブルとつなげることで、家族団らんの場所になっています。

フル・オープン・タイプだと、お料理の手元がよく見えます。子ども達がお料理に興味を持ってくれる可能性も高まりますし、子ども達と一緒にお料理をする時も便利になります。

キッチンをすっきりさせるコツは、背面の収納。お持ちの食器や調理器具、使い方を考慮した上で設計すると、すっきり片付きやすいキッチンになります。

斬新な設計の対面キッチン

LDKの中心に和室を置いて、そこと対面するカタチのキッチンです。暮らしの中で、和室の存在感がとても大きくなりますよね。動線は、その和室を中心に回遊式になっています。キッチンの奥にはパントリーが。玄関からも直接パントリーに入れる動線です。お買い物の後が、とても楽です。

コンロの前には壁を付けています。これで、油や臭いがリビング・ダイニングに広がるのをかなり抑えてくれます。便利と実用性、それに家族のコミュニケーションを両立させたスタイルです。

腰板の付いた回遊型の対面キッチン

腰板はキッチンの生活感を隠してくれるので、とても便利。加えて、コンセントを付けるなど、“ちょっとした便利”を生み出してくれます。写真のコンセントがあることで、お鍋や焼き肉がぐっと便利になります。

また、キッチンの両サイドが開いているのは、やっぱり「すごく便利」だそうです。奥様から、「2人立っても狭くならないし、動きやすい」と好評です。

ペニンシュラ・キッチン

シックな雰囲気のペニンシュラ型のキッチンです。

ペニンシュラとは「半島」のこと。キッチンの片方が壁にくっ付いているので、そう呼ばれます。

壁がある分、開放感と機動性はアイランド・キッチンより小さくなりますが、DKを広く使えるメリットが生まれます。ダイニングとの一体感も高く、リビング・ダイニングにいる子ども達が視界に入るのも安心です。

こちらのお客様は、生活感をLDKに持ち込まないことを優先されました。背面収納を充実させて、キッチン周りがいつもスッキリするように。冷蔵庫も、キッチン横のパントリーに隠すようになっています。

豆知識として、コンロの油や臭いが気になる場合には、コンロの前に腰板か壁を付けるのがおススメです。ただその場合、開放感が少し下がりますが。

厨房カウンター型キッチン

対面式のキッチン。キッチンを「別の部屋」にしたスタイルです。

油汚れや調理時の臭いを気にされるお客様は、キッチンを別の部屋にされるケースが多くあります。また、キッチンはどうしても生活感が出やすいので、「リビングやダイニングとは別の部屋へ」と考えられるお客様も多くあります。

写真は、リビングと対面するカタチで、キッチンを別部屋に持ってきたタイプです。ダイニングは、(写真ではわかりづらいですが)キッチンの横にあります。配膳や後片づけがしやすいように、キッチンとダイニングを横一直線につないでいます。子ども達に目が届くように、リビングとは対面しています。

この間取りだとリビングがご家族団らんの場になりやすく、ダイニングは食事の場というイメージです。それぞれのご家族の暮らしのスタイルにあわせたキッチン(およびLD)のカタチがありますよね。

個性的なワゴン対面式キッチン

掘りごたつのダイニングと一段低くなったキッチン。

ダイニングをロー・テーブルにするご家庭が増えました。椅子ではなく、畳や床に直接座る感じが「家族団らん」のイメージのようです。

写真は、掘りたつにしたダイニングのタイプです。目線をあわせるために、キッチンは一段低くなっています。コンロの油や臭いがダイニングに行かないように、コンロ前に壁を設けています。また、コンロの横に窓を付け、換気にも配慮した設計です。

食洗器以外はフルオープン。ダストボックス、ワゴン収納、組み立てラックなどで、収納方法も自由。価格もやさしいキッチンです。

こちらも、キッチンを「別の部屋」にしたスタイルです。

和室の横がリビングです。リビングやダイニングとは、壁で仕切っています。汚れや臭いをなるべくリビング・ダイニングに持ち込まない工夫です。キッチンとダイニングは一直線。配膳や後片付けが楽なレイアウトです。

キッチン奥にはパントリーを設けています。ドアがないので、行き来がとても楽。それでいて、大容量かつ生活感を隠しているのがいい感じです。

このLDKには、家族が居る場所が、ダイニング、リビング、和室と3つあります(ダイニング横のカウンターも含めると4つ)。LDKが多目的になり、家族それぞれに居る場所が生まれます。ご家族にあった暮らしのスタイルが大切ですよね。

壁付けキッチン+鉄板コーナー

キッチンを壁に向かって設置したタイプです。

スペースを最も有効に使えるスタイルです。配膳や後片付けも、とても便利。

写真は、限られたスペースにたくさんの想いを詰め込んだキッチンです。

まず奥様から、「海の見えるキッチンがいい」とのご要望。天井を高くし、大きくて高い窓を設けることで、大きな海が広がるキッチンになりました。開放感も生まれています。

「鉄板」はご主人のこだわり。ダイニング・テーブルの真ん中に鉄板が埋め込まれています(換気扇の下)。この鉄板で、子ども達と焼肉やお好み焼き、パンケーキなどを焼いてホームパーティーを楽しむのがご主人の夢。それを実現した鉄板です。

「食卓」には、それぞれのご家族のたくさんの想いがありますね。

l型キッチン

L型の特長は、動きやすくて、使いやすいコト。キッチンは、シンク、コンロ、冷蔵庫の三点を結んだ三角形に動くといいと言われますが、L型はそれがしやすいタイプです。お料理好きの奥様が選択されることも多くあります。

L型キッチンで気を付ける点は、案外スペースを取るということ。間取り設計の段階で、広さをしっかり確認することが大切です。

写真は、二世帯住宅のL型キッチンです。二世帯なので、大きめのキッチン。2人がキッチンに入っても平気な広さです。

ダイニングはどうしても散らかりやすくなるのですが、キッチンのカウンターを利用した収納棚を設けておくと、ダイニングがすっきりしやすくなります。

また、こちらのお宅は回遊式の動線を採用されました。キッチンからそのまま洗面所とお風呂につながる動線です。

もう2つ、こだわりのキッチンをご紹介します。

写真左下は、ダイニングとの一体感を大切にしたペニンシュラ・キッチン。

「キッチンとダイニングはひとつになっていて欲しい」という奥様のご要望。キッチン周りの食器や器具はすべて背面のパントリーに収納し、キッチン周りをすっきりと。ダイニングをくっ付けることで、一体感を生み出しました。パントリーも壁を設けることで、雑多となりがちな内部に目隠しをしています。

 

写真右下は、カウンター・スタイルのダイニングが特長的なキッチンです。

自ら「喫茶店世代です」とおっしゃるご主人が、奥様といつも近くにいるためにご希望されたレイアウト。仲良く横に並んで食事をされます。休日には、このカウンターでコーヒーを飲みながらまったりとした時間を楽しまれるそうです。

キッチンは、それぞれのご家庭のスタイルを反映しますよね。