リビングで過ごす三世代の家


G様ご家族:ご主人と奥様、ご長男夫婦とお子様3人の二世帯7人家族。

竣工:2014年11月


二世帯が仲良く、家族団らんの毎日を送られているG様のお宅に、新築当時のことをお伺いに行ってきました。取材の3日前に、ご長男ご夫妻に3人目のお子様が誕生した、というとてもおめでたいタイミング訪問でした(若奥様はまだ病院した

 

きっかけは、奥様の退職とご長男ターン

奥様の定年退職を機に、「母屋の水回りをリフォームしようか?」と考えていたところ、ご長男ターンが重なり、「それなら、思い切って母屋を二世帯住宅に建て替えるか!」となったそうです(もちろん、途中でたくさん悩まれたそうですが)。大きな方針転換からスタートしたの母屋建て替えです。

 

依頼する工務店は、早い段階で「坂根工務店さんで!」と決めていたそうです。決め手は、アフター・メンテナンスの良さ。「長く住む家なので、建てた後のケアが大切」とのお考えから、そこを一番重要視した、と。また、坂根さんで新築・改築をされたご近所さんが何軒かあったことも、「やっぱり、みんな坂根さんなんだ」と背中を押したとのこと

周囲に馴染む外観と、今の生活にあった内装・間取りがいい

建て替えに際してご要望された点は、まず「周囲に馴染む外観がいい」と様宅周辺は、歴史ある地区。「和」の風景が広がる地域です。それならと、「当社が持つ数寄屋造りの技術を結集した外観をご提案しました」と、営業担当の堂本課長のお話。

 

それから、今の生活にあわせた内装・間取りと、回遊式の動線。それに、2階をご長男夫婦の生活スペースにして、そこにもリビングとキッチンを設けることもご希望だったと。「一応、二世帯なので(笑)」とご長男。それから、ご主人からは「瓦は、これを使って欲しい!」とこだわりの指定をされたそうです。

 

間取りは家族の暮らしを左右する

実際にお住まいになられてどうですか?と、質問をしてみました。

ご主人から、「何と言っても、家族団らんの毎日が送れていることがうれしい!」と。LDKを広いワンルームにしたことで、ご家族がいつもそこに集まるようになったそうです。「夕食後、孫達が寝る9時くらいまで、みんなリビングでわいわいがやがややっているよ」と、ご主人から。間取りが、家族の暮らし方を大きく左右すると、実感されているそうです。

 

また、「キッチンから、孫達が遊んでいるリビングがすべて見えるのがとても安心」とは、奥様から。安心・安全を意識した間取りの設計も、とても大切な部分なんだと改めて実感です。

 

ご長男が希望された回遊式の動線は、ものすごく使い勝手のいい家にしてくれているそうです。どの部屋に行くにもさっと行けて、暮らしがとても楽になったと。加えて、回遊式の廊下に沿って設けた収納が、「とても便利」なのだと。例えば、脱衣所の横にはタオルや下着を仕舞う大きめの収納クローゼット。お風呂に入る時に便利なのはもちろん、畳んだ洗濯物を仕舞うのが楽なので、洗濯の負担がすごく軽くなったそうです。

 

家づくりを振り返って、どんな思い出がありますか?

ご長男から、「坂根さんは、こちらの話をしっかり聞いてくれたのが良かった」と。何度も足を運んでくれて、家づくりを一緒に考えてくれる姿勢がとても良かったそうです。やはり、家族にとって大切な家ですから、自分達の希望や夢をちゃんと聞いてくれる工務店さんがいいですよね。

 

主人からは、「湿気対策をちゃんとしてくれたことで、すごく安心した」と。どうやら、G様宅の周辺は湿気が強い土地柄なのそうです。旧宅を取り壊した時にも、キッチンの床下にシロアリがいたとのこと。それで、「湿気対策を十分にやって欲しい」と依頼されたと。この点をあとで堂本課長に聞いてみました。地質調査をすると、やっぱり湿気を含みやすい地質だったそうで十分湿気対策をしたそうです具体的には、湿気の遮断。基礎の下にビニール・シート敷くことで、万一湿気が上ってきてもそこで遮断できるようにしたこと。これが、G様には「とても安心」につながったそうです

やっぱり、家族団らんはいい!

実はこの取材、2時間ほどお話をお伺いしました。G様の家づくりのお話やご家族の暮らしぶりなどをとても楽しく伺いました。楽しいお話を聞くのは、こちらも楽しいので、あっという間に時間が過ぎてしまいました。取材を通して感じたのは、「やっぱり、家族団らんはいいなぁ~」ということ。そして、もちろんその原点は仲の良いご家族なのですが、家も少なからず影響力を持っているんだなと。居心地のいいLDKや暮らしやすい動線、便利な収納などがそれぞれ直接・間接的に家族団らんにも貢献しているのではないかという感想です。それらがうまく組み合わさって、幸せな毎日になっているのではないかと。そんな感想を持った取材でした